男の顔シミは老け顔の第一歩。顔のシミを消す薄くする、シミを予防するには?

女性だけでなく、男性も30代後半から40代にかけて顔のシミが目立ち始めます。

10代、20代のうちから日焼け止め対策として日焼け止めクリーム、目の紫外線対策でのサングラスなどで対策しておくと30代、40代でもキレイな美肌を維持できる場合が多いようですが・・・。

今まで日焼け対策、紫外線予防なんてほとんどしたことない40代男性がほとんどだと思いますけどね(;´Д`)

ただ、これからも放置しておくと、こんなおじいちゃんになる可能性も・・・。

 


(『賭博破戒録カイジ』9巻114p 参照)

 

できてしまった顔のシミは今後濃くしない、増やさないように心がけると同時に、薄くする消すための努力で対策できますので、コチラで男のシミ対策をご紹介したいと思います。

 

男のシミの原因は?

シミは老化の象徴とも言われています。

シミを発生させないためには若々しい生活習慣が大事であり、心身ともに若くいるためのコスト(運動、食事、メンタル)が必要だ!ってことですよ(;´Д`)

 

・日焼け
肌の天敵、紫外線ですね。

若い年齢で日焼け止めを利用していないと数年~をかけてシミが皮膚内から表面に現れるようです。

日焼け、紫外線でシミができる場合がほとんどです。

・ストレス
ストレスにより、体内の活性酸素が増えてシミが発生するといわれています。

いわゆる老化ってやつみたいです。

・タバコ
タバコも体内の活性酸素を増やします。

活性酸素はストレス、老化を促進します。

・ニキビ跡、傷跡
傷跡が濃く残っていた場合、シミになるケースがあります。

・栄養バランスの偏り
野菜類、果物類等のビタミン、ミネラル、食物繊維が長期間不足することで、老化が早まりシミが増えると言われています。

 

ほとんどはこの辺がシミの原因となりますが、認めたくはないですが、老化現象からくる部分も否めません。

老化に負けないようにしたいものです(;´Д`)

また、精神的ストレスが上記の原因を促進するので、心身のストレスも上手にコントロールしていく必要があります。

ストレス管理の方が、実際のシミ対策より難しいかもしれませんが。。。

シミの予防は?

もっとも大きいシミ予防は日焼け止め、紫外線予防です。

40代になれば日焼け止めクリームは必須。できれば直射日光を避けましょう。

また、サングラスは瞳への紫外線ダメージを大きく防ぎます。サングラスの着用も大事です。

あとは、野菜、ビタミン、ミネラル類を多く摂取し、ストレスのない生活を過ごすことが大事ですね。

40代となればなかなか難しいですが、ジャンクフードや不摂生な生活習慣には要注意です。

・紫外線、日焼け止め
・帽子、サングラス、長袖
・ビタミン、ミネラルの多い野菜、魚中心の食事

↑とにかく、これらの3つのシミ予防は特に注意しておきましょう。

年齢を重ねるたびにシミが増えていかないように・・・・。

特に日焼け止めに関してはこまめに塗っておきましょう。

男性でも美容液での保湿は当たり前の時代です。

また、40代男性は必ず帰宅後に美容液で肌を保湿したり、ケアしてあげるのは当たり前として、20代、30代の方も今のうちからしっかりと肌ケアしてあげましょう。

シミを薄くする、消す、隠すには?

今あるシミを薄くする、消すにはまずは「ビタミン類」の摂取に加えて、もっとも効果的とされる美容外科での塗り薬、投薬の処方、又はレーザー等による治療です。

 

・ビタミンの摂取
食事やサプリメント等でビタミンなどを補給します。

自分の肌、体調にあったサプリメントを選ぶ必要がありますが、サプリ選びって、結構難しいです。

どれを選べばいいかわかりませんから。その場合は、皮膚科などのクリニックで相談してみるとよいです。

・病院での投薬(塗り薬)
塗り薬等で対策できると判断した場合は「ハイドロキノン」「トレチノイン」などで対応する場合がほとんどです。

皮膚科、美容外科等で診断を受けることで処方してもらえます。

どちらかというとシミ消しは美容に近くなりますので、美容対策で評判の良い皮膚科、美容外科を選ぶ必要がありますね。

・病院での投薬(経口)
経口でのシミ消し薬もあります。

 

コチラも塗り薬と動揺に、皮膚科科、美容外科等で診断を受けることで処方してもらえます。
だいたいは下記の経口薬を処方してもらえるようです。

・アスコルビン酸
・トラネキサム酸
・リカバリン
・シナール配合顆粒

具体的な効果効能は当サイトでは紹介できませんし、ドクターでないのでわからないのですが、ネット上ではシミケアとして病院での処方でもらえる薬だということですね。

よくわからない方は、皮膚科・美容外科で上記の薬のことを確認してみてください。

・病院(皮膚科・美容外科)でのレーザー治療

美容皮膚科では、レーザー、塗り薬、飲み薬のなかからシミの種類に適した方法を組み合わせて治療を進めていきます。

ちなみに女性の場合の一般的治療費用はコチラ。

湘南美容外科クリニック⇒2,250円
品川美容外科⇒2,800円
城本クリニック⇒19,800円
聖心美容クリニック⇒23,000円

内容によりますが、こんな感じのようです。ほかには薬剤を皮膚に浸透させる対応もありますね。(ボトックスやイオン導入などのように)

男性の場合は、「湘南美容外科クリニックMEN’S」でのシミ取りレーザー/肝斑以外2mm以下で2,430円~という価格帯です。

メンズの美容皮膚科は今は多くなっていますが、全国的にはまだまだ少ないです。

男性がシミ消しレーザー治療を受ける場合で、信用できそうなメンズの美容外科、皮膚科がない場合は、一般の皮膚科でシミ消しに対応しているところを探すとよいですね。

まとめ

濃くなってしまった顔のシミは市販や通販を含む美容化粧品を使って消すにはなかなか根気がいるかもしれません。

それなりの年齢ですので、いきなり美容外科などでシミ消し・・・というのも気がひけますが、どうしても気になる方は美容外科でのシミ消し治療(レーザー類)で一気にシミを消すのも有りですね。

個人的にはじょじょに薄くしていきたいので、まずは日々の紫外線対策と同時に美容化粧品と病院でのシミ消しに処方される経口の薬を飲んでみようかと思います。

ただ、薬を飲むのも副作用とかありそうで心配になるかもしれないので、結局、一気にシミ消しをお願いしそうな気もします。。

やっぱり男も今は美肌でないと(;´Д`)