40代男性の冬カジュアルコーデはアウター&重ね着で大人な雰囲気。アウターは一着ずつ冬前に買い替えましょう!

冬のカジュアルコーディネートはアウター選びに加えて、パーカーやカーディガン、セーターにシャツを着込んだ重ね着がメインになります。

外出時はアウターとパンツ、シューズのコーディネートバランスが取れていれば問題ないのですが、アウターを脱いだあとの重ね着の着こなしがダサいと恥ずかしいです。。

アウターの中に着込むアイテムもしっかり選びましょうね!

基本は逆三角形にみせるコーデ

冬にメインになるのは下半身よりも上半身です。

相手側の目線も上半身に向かいます。一

般的に上から下に流れる目線で「逆三角形」になるように意識するのですが、冬はアウターを着たり、重ね着をするので上半身から下半身に向けて逆三角形になります。

そうすると、全体のシルエットがバランスがよく見える傾向にあります。(タルタルの体型でも(;´Д`))

秋や冬がファッションによかったり、スキーやスノボで異性がオシャレにみえるのは冬の寒さが理由ではなく、寒い時期独特の全身のスタイリングでファッションセンスがプラスしてみられるからなんですね♪

雪山の女性は5割増しで可愛くみえる理論

ですので旬に合わせたアウター選びが冬ファッションのメインとなります!

コチラでは冬のカジュアルにオススメのアウターの種類をご紹介します。

40代男性が知っておきたい秋冬のアウターラインナップ

ダウンジャケット

カジュアルシーンで最も人気が高いダウンジャケット。
冬アウターの鉄板です。

モコモコしすぎていると季節感がなくなる場合があります。
また、色落ち等しているとダサくなりますので、2年に一回程度で買い替えるとよいです。

ピーコート

カジュアル向きの冬アウターですね。
カジュアルでもビジネスでも使えます。

ストールやマフラーも絡めるとオシャレになります。

体型や身長に関係なく着こなせる鉄板アウターです。
形もある程度シンプルで長く着こなせます。

チェスターコート

最近人気のチェスターコート。
トレンチコートのように長くなく、ピーコートのように短くもないという長さです。

長さ感がピッタリ合うものを選ぶことが大事です。
長さに違和感がなければ身長が低い方でもオシャレに着こなせます。

ダッフルコート

身長が高い、低い、体型が太め、細めに関わらずにコーデできるのがダッフルコート。
失敗しない秋冬アウターでカジュアルシーンがメインです。

ビジネスシーンや通勤等で着こなすには少しカジュアル感が強いので、40代男性は仕事では着ないようにしましょう。

キルティングジャケット

カジュアル、普段着にオススメのライトなアウターです。
寒さがきつくない秋冬にはビジネスシーンでも着用できます。

普段着のアウターとしてオススメですね。

ショールカラーカーディガン

普段着、ドライブ等にオススメの冬アウターです。
40代男性の秋冬はカーディガンの着こなしで大人っぽさを演出できます。

ウール系のジャケット

40代から似合う秋冬アウターといえば、ウール系ジャケットです。
ウールのジャケットは普段着、チョイ出、室内で着こなすには最適です。

インナーにはカットソー、Tシャツ、ライトなシャツが似合います。

トレンチコート

主にビジネス、通勤、仕事用にオススメですが、カジュアルシーンでも渋く着こなせるのがトレンチコートのよいところですね。

昔のように丈の長いトレンチよりも、少しチェスターコートのイメージに近いコートが最近人気が高いです。

※トレンチコートは身長が低い男性の場合、更に身長が低く見えるので着こなしは要注意です。身長の低い方はチェスターコートとかが良いかもしれませんね。

毎年同じアウターを着ているとおじさんっぽいと言われてしまいます。

毎年一つはアウターを買い替えていくようにしていきましょう♪

まとめ

40代の冬コーデについてまとめていますが、やっぱり毎年一回は冬前にアウターを買い換えるのがおすすめです。全てのアウターではなく、古いコートやジャケットから「先入れ先出し法」で替えていくということですね。個人的には一生使えるアウターやコートを二着くらい持っていて、あとの二着くらいはトレンドや流行に合わせて買い替えていくのがよいのかな?と思っています。