【コーデ体験談】おしゃれに目覚めた父親。モテファッションに!?

こちらではアラフォー父親のファッションコーデについての体験談を掲載しています(・∀・)

私の父がちょうど今年44歳になります。

父はファッションにはあまり興味がなく、母や私が似合うであろう洋服を選び購入しています。

洋服やファッション小物類には年間で約1万~1万5,000円程度かけていると思います。

一緒に出かける家族の身としては、やはりちゃんとした格好をしてほしいというのが本音なので、毎回父の洋服を選ぶ時はオシャレに見えるものを探しているのですが、お酒が大好きな父は典型的な「ビール腹」のため、丈が短めのものだとどうしてもお腹が見えてしまい格好悪くなってしまいます。

ファッション小物を上手く組み合わせてワンランク上のオシャレ

たとえ短めのものでなくても、人より裾の部分がずり上がってしまうため、中々ちょうどいいサイズの物がみつからず苦労しています。大きいサイズの取り扱いがあるお店にも足を運んだことがあるのですが、そうなると今度は腕の部分がなんとなくだらしのない感じになってしまうのでいまいちでした。

ズボンに関しても、お腹周りのお肉が邪魔になり、丈はちょうどいいのに入らないといったことがよくあります。今はストレッチタイプのものも多く販売されていますが、それでも父本人に試着してもらうと「締め付け感があって苦しい」と言われてしまい断念しました。

こういった理由から、父の服装はいつも似たようなものになってしまいます。

そこで、私と母はシャツやズボンでオシャレに見せるのではなく、ファッション小物を上手く組み合わせてワンランク上のオシャレなお父さんになってもらおうと考えたのです。

帽子やベルト、時計などを組み合わせる

確かに40代ともなると派手なシャツを着るというのもどうかと思うので、ベースはシンプルにオシャレな帽子やベルト、時計などをファッションアイテムとして加えることで大人のアラフォーコーデを完成させることができました。

父自体、洋服には興味がなかったものの、時計やピアスなどは昔から集めていたので最近では父も一緒に買い物に行き、自分で「これがほしい」と意見してくれるようにもなりました。

そのおかげか、以前より見た目を気遣うようになり、「少しダイエットしようかな・・・。」とぼやいていました。(笑)

自然とオシャレを意識してくれるように・・・

いきなりお腹を引っ込めてオシャレな格好をしろというのは無理がありますが、このように違った視点から興味を持ってもらうことで自然とオシャレを意識してくれるようになったので嬉しかったです。

どんな体型、年齢であってもいつまでも元気でオシャレな父でいてほしいと思います。

まとめ

やはりどんなことも一緒で小さいチャレンジの試行錯誤、成功が次のステップに踏み出すよい経験になります。

体型が崩れやすいアラフォー男性でも、小物だったり、アクセサリー等から女性視点のカッコいいアイテムを持てばいずれ、ファッションも変わり、ひいては体型も変わっていくのかもしれません。

人は見た目から!見た目で90%が決まる!って言葉もありますからね(・∀・)